障害年金はいつからもらえるの?

 

障害年金はいつからもらえるのか、これにはいくつか支給要件があります。

 

まず、障害の原因となる病気やケガの診療を始めた日の時点で公的年金に加入していること。
次に、一定期間の年金保険料を納付していること。
そして、年金機構が認定している障害の等級に該当していること。
最後に、65歳までに年金を請求すること。

 

最初の生涯の現金となる病気やケガの診療を始めた日の時点で公的年金に加入していることについては、
20歳以上65歳以下までの期間で障害等級が2級以上と認定されていれば請求申請ができます。

 

一定期間の年金保険料を納付していることについては、
診療を始めた日の前々月までに加入期間が1ヶ月以上ある場合は、
加入期間が納付期間、そして免除期間を合算した期間の3分の2以上なければいけません。
また、特例としまして納付期間、免除期間を合算した期間が3分の2以上の条件を満たしていない場合でも、
診療を始めた前日を基準に診療を始めた当該月の前々月まで遡って1年間国民年金の未納がなければ、
障害年金を受給が認定されます。

 

年金機構が認定している生涯の等級に該当していることについては、
障害年金を受給する基準として障害等級が定められています。
障害認定基準の障害等級に該当していれば、収入があっても障害年金の受給が可能です。

 

65歳までに年金を請求することについては、
国民年金の加入は60歳までですが、60歳から65歳までに初診日があれば、障害年金の請求はできます。
ただし、障害年金と老齢年金の同時受給はできません。

 

一人一年金が原則ですが、全国民に支払われる基礎年金に、上乗せ部分の厚生年金、
65歳からは老齢年金の受給も可能となります。
障害年金については簡単な基準を把握しておくとしたら、
20歳を超えて障害認定されていたら、障害年金を受給できる可能性があること。
障害等級1級と2級で年金支給額は変わりますが、支給要件は20歳を基準に考えると良いです。

 

年金については、改正されるケースがありますので、その都度改正点をチェックする必要があります。