20歳前の障害による障害年金支給について

月々保険料を払い続け、もし障害を受ければ「障害年金」がもらえる・・。これは大変解りやすい話です。当然、払っていなければもらえないというリスクを負うことになるのもある程度納得できます。

 

しかし、まったく保険料を払っていないにもかかわらず、ほぼ一生障害年金をもらい続けることができる人たちがいることについて、あまり知られていないのではないでしょうか。

 

それは、20歳前に障害があった、または障害の原因があった方々です。不公平とまではいえませんが、一生懸命働いて保険料を納めてきた、特に国民年金加入者からすると、同じ金額が支払われることに疑問を持つ人もいるのではないでしょうか。

 

20歳前の障害によって年金支給されている方には、収入によって支給の停止・減額もあり得ますが、それ以外は大きな違いなく、国民年金保険料も免除されます。

 

 

障害年金を若年層にこそアピールしたい

月々保険料を払い続け、もし障害を受ければ「障害年金」がもらえる・・。これは大変解りやすい話です。当然、払っていなければもらえないというリスクを負うことになるのもある程度納得できます。

 

しかし、まったく保険料を払っていないにもかかわらず、ほぼ一生障害年金をもらい続けることができる人たちがいることについて、あまり知られていないのではないでしょうか。

 

それは、20歳前に障害があった、または障害の原因があった方々です。不公平とまではいえませんが、一生懸命働いて保険料を納めてきた、特に国民年金加入者からすると、同じ金額が支払われることに疑問を持つ人もいるのではないでしょうか。

 

20歳前の障害によって年金支給されている方には、収入によって支給の停止・減額もあり得ますが、それ以外は大きな違いなく、国民年金保険料も免除されます。

 

年金といえば将来のこと、と思っている人が多いと思います。しかし、障害年金がもっと広く知られていれば、年金への関心がもっと高くなるはずです。

 

たとえば、障害の状態になって働けなくなったときに月々いくらかのお金がもらい続けられることを知っていたら、あるいはもらえるはずのお金がもらえず、ずっと無収入で生活しなければならなくなるかもしれないことを知っていたら・・。特に若い人にとって、無関心ではいられないと思います。

 

障害年金を生涯もらい続けるとすれば、大変な金額です。生活の組み立て自体が変わってきます。逆にもらえなければ大変な損をします。

 

未加入・未納を改善したければ、大いに障害年金についてアピールするのがお役所の仕事だと思います。

 

 

生活を守るための障害年金の役割

公的な年金というと老後の生活の為という印象を持っているという方も多いと思いますが、公的年金の中には不慮の怪我や大きな病気などで障害が残ってしまった時に支給される障害年金は、あまり詳しく知っている方がいないというのが現状ではないでしょうか。

 

こうした年金制度は私たちの生活に非常に密接に結びついているもので、死亡率の高い癌や、生活習慣病などでも後遺症が残るほどの症状で仕事ができない状況であれば支給対象になるという役目も持っております。

 

ただこうした制度が利用できるという方は、保険料などをきちんと納めていて、納付要件等の様々な条件を満たす場合に限られてしまいますので、保険料の納付期限などは忘れないようにしてしっかりと管理することが大切です。

 

また支給額については家族構成や障害の等級、あるいは扶養義務の有無で大きく異なってきますので、こうした手続きの際の情報もしっかりと伝えておくことが重要なポイントになってきます。