障害年金の申請で注意すべきポイント

 

普段の生活で不慮な事故やけがで働けなくなってしまうということもありますが、
意外と障害年金について詳しく知っているという方も少ないのではないでしょうか。

 

これは、私たちの基本的な生活を支える為の重要な制度でありますので、その活用方法と
簡単な手続き方法については事前知識として持っておくべきものであると思います。

 

一般的に病気やケガなどで後遺症が残ってしまうと、それまでのように仕事をこなしていくのは困難で、
生活していく上での収入の支えとなってくれる重要なものとして位置づけられております。

 

申請が遅れてしまったり、適切な申請ができないと、受給金額が大きく変わってきてしまい、
不利な条件になってしまう可能性もありますので、基礎知識を身につけると同時に、
申請をサポートしてくれる法律事務所なども探しておくと、より便利になってくると思います。

 

 

障害年金支給における初診日について

普段の生活で不慮な事故やけがで働けなくなってしまうということもありますが、
意外と障害年金について詳しく知っているという方も少ないのではないでしょうか。

 

これは、私たちの基本的な生活を支える為の重要な制度でありますので、その活用方法と
簡単な手続き方法については事前知識として持っておくべきものであると思います。

 

一般的に病気やケガなどで後遺症が残ってしまうと、それまでのように仕事をこなしていくのは困難で、
生活していく上での収入の支えとなってくれる重要なものとして位置づけられております。

 

申請が遅れてしまったり、適切な申請ができないと、受給金額が大きく変わってきてしまい、
不利な条件になってしまう可能性もありますので、基礎知識を身につけると同時に、
申請をサポートしてくれる法律事務所なども探しておくと、より便利になってくると思います。

 

 

障害年金の種類はいくつかありますが、主な2つは「障害基礎年金」と「障害厚生年金」です。
前者は国民年金、後者は厚生年金の障害年金になります。

 

通常、障害基礎年金よりも障害厚生年金の方が金額は多くなります。厚生年金に長く加入していた人は大きな差が出ることもあります。しかし、どちらをもらうかは、「初診日」にどの年金に加入していたかで決まるのです。

 

なんとなく仕事が難しくなり、きちんと病院で見てもらう前に早々に会社を辞めてしまい、その後障害に該当すると判明したら・・。基礎年金しかもらえない理不尽さと、その金額の差にきっとショックを受けることになるでしょう。

 

ほとんどの国民が、そして加入者自身が知らないで損をする可能性が大きい現状は、改善されなければならないと思います。